便利な商品

赤ん坊

スタイは、赤ちゃんのよだれを拭き取るためのベビーグッズです。よだれで濡れた服をいちいち着替えさせる必要がないので、とても便利です。また、口回りを清潔に保てるので肌荒れなどを防いで、綺麗な皮膚を保てます。

もっと読む

子供の安全対策

女の人と赤子

チャイルドシートは、乳幼児など子供を自動車に乗せる場合に必ず着用しなければならないものである。チャイルドシートを選ぶ場合には、乗せる子供の体重や月齢に合ったものを選ぶことや安全基準を満たしたものを選ぶことが重要である。

もっと読む

赤ちゃんのお肌トラブル

女性

赤ちゃんの肌よりも敏感に

乳児湿疹とは、生まれたての頃から生後6か月くらいまでに起こる湿疹のことを言う。この頃の赤ちゃんには様々な肌トラブルが起こる。大人と比べると赤ちゃんは当然ながら、抵抗力は低い。そこに肌は敏感に反応するのだ。その他にも、活発な新陳代謝や肌の乾燥なども要因の一つと考えられている。つまり様々な原因が乳児湿疹を引き起こしているのだ。このような理由から、乳児湿疹はどんな赤ちゃんでも起こりえる。むしろ、多くの赤ちゃんが一度は経験するものである。問題は、どこに湿疹ができているか・どれくらいの期間発症しているかを親がきちんと把握することである。もちろん個人差はある。しかし、きちんとケアをしていても症状が良くならない場合はアトピー性皮膚炎や食物アレルギーによる湿疹を疑ったほうが良い。赤ちゃんの肌に敏感になりたいものである。

アレルギーには注意が必要

乳児湿疹と呼ばれるもので、最もその原因が多いものに新生児ニキビと、脂漏性湿疹が挙げられる。これらは入浴時にしっかりと体や顔をしっかり洗い、清潔に保つことで次第に良くなってくる。そのため個人差はあれど、湿疹は消えていくものだ。しかし、アトピー性皮膚炎食物アレルギーは違う。2つに共通していることは、アレルギーが湿疹の原因となっているということである。特にアトピー性皮膚炎では、アレルギーの原因となるアレルゲンが何かを特定するのは難しい。ダニやハウスダスト、動物の毛といったものだけが原因ではない。ストレスもその一つであるからだ。親としてはとても心配になる症状であることは間違いない。肌を清潔に保つことはもちろん、皮膚を刺激しないように心がけなければならない。そして、いつ・どんな場面で症状が現れるのかを焦らずに見守って対策を練るようにしていくことがとても重要になってくるのだ。

大切な子供の将来のために

乳児

赤ちゃんの肌は繊細で大変敏感です。特に生後3ヶ月頃までの赤ちゃんの肌はとても敏感な為、日焼け止めを使用するのではなく、日に焼けない対策を考えましょう。3ヶ月を過ぎれば、低刺激の赤ちゃん用の日焼け止めで紫外線対策をしっかりと行うことが大切です。

もっと読む