大切な子供の将来のために|乳児湿疹を予防改善する方法|辛い思いをさせない為に

大切な子供の将来のために

乳児

紫外線の影響

こんがりと日焼けした子供たちを見ると、健康的でほほえましく感じられるものです。しかしながら、近年では紫外線による肌への影響も懸念されています。幼少期から強い紫外線に当たり続けていると、シミやそばかす、しわの原因になることはもちろん、皮膚病や皮膚がんなど様々な病気の原因となってしまいます。また皮膚だけでなく白内障など眼病を引き起こすこともあり得ます。小さな赤ちゃんに日焼け止めを塗るのは大変ですが、しっかりと紫外線対策をしてあげなければなりません。もちろん、日焼け止めだけでなく、帽子や長袖などで赤ちゃんを紫外線から守ることが大切です。そして、日焼け止めの使用後のお手入れも、赤ちゃんの繊細な肌には大切です。ボディソープや石鹸でしっかりと落としてあげることが大切です。

選び方

生後3か月ごろまでの赤ちゃんは特に皮膚が非常に敏感な為、出来るだけ日焼け止めを使用せず、日に当たらないよう工夫してあげることが必要です。ただし、新生児期から使用できる低刺激で安心の日焼け止めも販売されていますので、どうしても長時間日に当たる場合には、刺激が大変少ないものを使用しましょう。もちろん、3ヶ月を過ぎたからといって、刺激の強いものが使えるわけではありません。刺激の少ない赤ちゃん専用の日焼け止めを使用しましょう。日焼け止めを選ぶ際には、SPFやPAが高いものを選びがちですが、SPFやPAが高いと肌への負担が大きくなりますので、SPFは15から20くらいのものを定期的に塗りなおしてあげる方が良いでしょう。